結局プエラリアってどうなの?結局なにが本当なの?どうすればいいの?

以下~まとめ~

プエラリア・ミリフィカまとめ

・ プエラリア・ミリフィカはタイ北部やミャンマーに自生するマメ科の植物
・ プエラリアを使用したバストアップサプリメントの原材料はプエラリア・ミリフィカ
・ プエラリアには植物性エストロゲン(デオキシミロエステロール、ミロエステロール)が含まれている。
・ 使う際には、摂取量をきちんと管理することが大事。1日の最大摂取量は400mg
・ そもそも、市販のプエラリア系関連商品は、偽物や粗悪品が多い。プエラリア・ミリフィカに類似する植物が使われていたりすることも。本物のプエラリアミリフィカは大量採取が困難で、しかも偽物との区別が難しい。⇒ 市販のプエラリアにはそもそも「プエラリアじゃない商品」がたくさんある!! そして、こういった粗悪品や偽物は効果が無いのに副作用がある
・ プエラリアのバストアップ効果は立証されている
・ ミャンマーで見つかった古文書でも、プエラリアは古くから健康と美容に効く食べ物として食べられ続けていたことが記述されている。タイの国際的に有名な病院(美容整形)であるヤンヒー病院でもプエラリアは使われている
・ プエラリアに含まれる成分に対する反応というのは個人差が大きい! ちょっと摂っただけで副作用が起きる(体調が悪くなってしまう人)もいる
・ 妊娠中や授乳中はプエラリアは摂ってはいけない


バストアップ効果

一番気になるバストアップ効果ですが、これは様々な研究で実証されていますので育乳が可能というのは本当です。効果を実感している人もたくさんいます。


副作用が起こるのはなぜ?

プエラリアの女性ホルモン様作用というのは、ときとして健康被害を引き起こすため注意が必要です。生理の際はなぜ体調が悪くなるかというと、普段よりも女性ホルモンの分泌量が増えて、ホルモンバランスがいつもと異なる状態になるからですね。

上にも書いたように、プエラリアには植物性エストロゲンという、女性ホルモンの卵胞ホルモンに似た成分が含まれています。つまりこの成分を摂取すると、脳が「女性ホルモンが分泌されてる!」と勘違いするんですね。

それでバストが大きくなる、というメカニズムです。

プエラリアを少し飲んだだけで副作用が起きてしまう人がいるのも事実。副作用のリスクを極力減らすためには、一日の最大摂取量を超えないようにするのはもちろん、自分が摂取しても問題がないプエラリアの量を把握する、ということが大切です。

副作用に関する知識をしっかりつけておくことで、万が一、副作用が出てしまっても、適切な対応ができるようになっておきましょう。


プエラリアって良い口コミと悪い口コミがあるけど・・・

インターネットなどで、プエラリアの副作用についていろいろと良くない口コミを見たことがある人がいると思います。

これは、ネットで販売されているプエラリア系商品の一部が偽物・粗悪品のプエラリア・ミリフィカを原材料に使っているため。

そもそも、プエラリア・ミリフィカは大量生産ができません。しかも、類似の植物がたくさんあって見分けるのは現地のプロでも非常に困難という話。タイやミャンマーなどの原産地の国では、プエラリアが本物かどうか、純度はどうかを認定する制度があるぐらいなんです。

一昔前は粗悪なプエラリアを原材料にしてバストアップサプリを生産していた会社もありましたが、現在は良質なプエラリアを使用しているところが多いと思います。

というのも、信頼性の高い口コミサイトが登場したり、大手ショッピングサイトで口コミ機能があったりするサイトも増えてきましたよね。

ネットで商品を購入する人は、口コミを調べてから購入するようになりましたので、全く効果がなかったり、副作用が出た人が多かったりすると、必然的にそういった口コミが溢れ、商品は売れなくなります。

こうした「口コミチェック⇒購入」という風潮が確立されてきましたので、副作用が常に出てしまうような質の悪いプエラリアを使用したバストアップサプリが淘汰され、良質な、効果の実感できるバストアップサプリが市場に残るようになってきた、というわけですね。


「プエラリアって結局どうなの?」という質問について見てきましたが、プエラリア・ミリフィカについてしっかりとした知識を身につけておけば、副作用のリスクは減らすことができます。

ただ、どんなに用心していても、副作用が出てしまう人もいますので、副作用についての知識もしっかりと身につけておくようにすると良いと思います。